移動中に家具家電が壊れた、荷物が紛失したなど引越し業者とのトラブルが起きたら、早めに業者に連絡して対応してもらいましょう。対応しなければ、消費者生活センターなどに連絡しま

引越しを決めたらどうするか
引越しを決めたらどうするか

引越しトラブルに注意

転居には様々な手続きや業者への依頼などが必要なため、トラブルに巻き込まれてしまうことも多くなります。
最も多いのが引っ越し業者とのトラブルではないでしょうか。
荷物の破損や紛失、旧住居や新住居の建物に傷をつけたことへの補償について、業者ともめてしまったということをよく聞きます。
本来であれば、引越し業者と契約者との間にトラブルが起きることを防ぐために標準引越運送約款というものがあり、それにのっとって事故などが起きたときに双方の権利を守るようになっています。
引越し業者は依頼者から申告されなかった荷物や特定の荷物について拒否することができますし、作業・運搬時に事故が起きた時は補償対象外でない限りきちんと補償されることとなっています。
にもかかわらず、補償内容について告知しなかったり、見積もり時に契約を求めて内金や手付金を請求してきたりする業者は要注意です。
破損や紛失などが起きた場合、作業員の目の前で確認し、業者に連絡を取ります。
作業員が帰った後で破損などに気がついた場合は、業者に連絡を撮るだけでなく、写真を撮るなどして現状を残しておく必要があります。
3ヶ月を経過すると約款により損害が補償されないことがほとんどなので、早めに連絡をとるようにしましょう。
もし、業者が対応しなければ消費生活センターなどに相談します。
ただし、契約者の荷造りが悪かったせいで中身が破損した場合などは補償されないので、荷造りを自分でする場合は自己責任を持ってやることが大事です。

引越しを良く聞くなと思ったら調べましょう♪