転居の準備の最難関は荷造りです。直前に慌てて詰めると破損や紛失の原因になります。重いものは下、軽いものは上、隙間を作らないということに注意して、使わないものから部屋ごとに

引越しを決めたらどうするか
引越しを決めたらどうするか

荷造りの極意

転居の為の準備の最大の関門ともいえるのが荷造りです。
直前に慌てて荷造りするなど適当に済ませると、移動中に中身が壊れてしまったり、新居ですぐに使いたいものが見つからなかったり、困ってしまいます。
ダンボールなどの準備ができたら、まず使わないものから荷造りしていきます。
この時に、不用品が出てきたら、捨てる、リサイクルショップに持っていくなどして処分しましょう。
ダンボールの中身は、重いものが下、軽いものが上、というのが基本です。
できるだけ隙間ができないように詰め、隙間ができてしまったら新聞紙や梱包材などを入れて隙間を埋めておきましょう。
荷物は一つのダンボールに色々な部屋のものをいれずに、それぞれの部屋ごとに分けておくと荷解きする時に便利です。
外側には油性マジックなどではっきりと、どの部屋の荷物なのか記入し、壊れやすいものが入っている場合は赤などで大きく注意書きをしましょう。
書く場所は上と横など、引越し業者の人にわかりやすくすることが大事です。
食品の缶詰や瓶詰め、飲み物、調味料など、中身が入っているものはひとつひとつビニール袋に入れしっかり口を閉めてから割れないように梱包するようにしましょう。
こうすることで、万が一割れてしまっても中身で他のものを汚してしまうことが防げます。
オーディオ機器やPCなどは、購入時の箱に入れて運ぶのがベストです。
箱を捨ててしまった場合は、できるかぎり衝撃を与えないように梱包するか、業者に相談してみるとよいでしょう。

引越しを良く聞くなと思ったら調べましょう♪